2018-06-24

国宝茶室如庵へ その2ー大小5つの窓と躙口

先月行ってきた、国宝茶室如庵見学のづきです。

いやはや。

訪ねた日のお天気が完璧でした。
お庭の新緑と、見事な五月晴れ。

あとから、あとから、じわじわ来てます。
また、新緑の季節に書院の縁側でぼーっとしに行きたい。。。
以下、好き勝手思う存分書いていて、だらだらと長文なので、お暇な方どうぞ。

2018-06-23

国宝茶室如庵へ その1

なんやかんやあって一ヶ月前になりますが・・・
五月の半ば、新緑のまぶしい時期に、特別公開日に合わせて国宝茶室の如庵(じょあん)と書院を見学してきました。

愛知在住の親友が予約してくれたので、会社休んで行ってきました。

おおおーーー
ついに、ついに!!!
如庵が見学できるとはーーー!
どうしよう、嬉しい!

以下、合格物語から引用です。
27023
如庵(犬山市)は、17世紀にもと建仁寺内に造立された、大小五つの窓や躙口の配置が特徴的な茶室である。
東京戻ってきて、この出題の内容見て、えーーーー!こんな出し方かぁと思いました。

2018-05-08

模試を一日かけて通しで解く意義

GW明けて、予定どおり行かなかった!という悲鳴が聞こえてきますが・・・
いや、私なんか、受験生時代、予定どおり勉強できた記憶が、全くありません。(自慢するな
  • こなしたい量>こなせる量であり、自分がこなせる量がわかっていない
  • それ以前に、ダラダラ勉の癖がついているため、終わりっこない(机の前にいる時間だけはやたら長い
  • 普段の疲労がたまり、寝てしまう
  • 不測の事態を考慮していない(家事や買い物など
まぁ、今となっては、ほんとあほだった、としか言いようがありませんが。ふふふ

思い当たる方、大丈夫ですよ。
これから先7月までで挽回しましょう。
ということで、GWの予定がこなせなくても、前向いて進めますよう。

さて、GW明け以降、模試を一日かけて通しで解く意義について。

2018-05-06

GW明け、そろそろ模試形式で。

楽しいGWも今日でおしまい。
お天気にもほぼほぼ恵まれて(東京周辺限定)、よいお休みになってのでは。
GWくらいを境に、合格物語で一問一答の練習から、模試形式で(4選択肢で)解く練習に切り替えていきましょう
毎年、ブログで書いているような、いなかったような。(あれ?

いくつか、4選択肢で受験するための、試験テクニック的な内容を。

2018-05-01

木材の使い方、書院造りと数寄屋造り-内田祥哉先生講義より その2

つづきです。

さて、書院造りときたら、もう一つ。
現代「和風」建築にも、相当な影響を与えている、数寄屋造り。

これがまた、書院造りと木の使い方が対照的と。

2018-04-30

木材の使い方、書院造りと数寄屋造り-内田祥哉先生講義より その1

つづきです。

「普請」、ふしん、という文化、和風建築の伝統的な価値を語るにおいて、内田先生がお話された内容のうちのごく一部をピンポイントで切り出してます。

なお、
日本の建築と言っても多種多様すぎてアレですし、今日の会場には学生からその道のプロの方までいる中でお話するのもとても難しいですが・・・、と前置きされていらっしゃいました。笑
(会場でも笑いが起こってました)

木の材料のどの部分を使うのか、それとも大工の技巧をいかに魅せるのか、
そういったことに端的に特徴が現れるのが、書院造り、数寄屋造りである、とのお話でした。

「普請文化フォーラム2018」と内田祥哉先生

大学院の時の友人が、ついったーでつぶやいてたところから教えてもらった、講演会。

内田先生?え?え?講演会あるの?お話を伺ってみたい!
という単なる興味本位のみで、先生のご経歴や講演会自体の趣旨を理解しないまま、このGW始まってすぐに参加したフォーラム。
普請文化フォーラム2018

もう、いろいろと穴に入りたい気分で、会場をあとにしました、、、
というか、
うむ。
どこからハナシに手をつけたものか。

とにかく、
私の無知を盛大にひけらかしつつ(笑)、まずは、シンポジウムの内容をかいつまんで書くことにします。
(この記事自体は、試験には直接関係ないので、読み飛ばしOK)

2018年GWモチベーション

一昨日、昨日と、順調に予定こなして、今日から家にこもります。(いつも
落ち着いてブログが書く時間がないというか、まぁそこまでこのブログの記事にハードルを上げる必要ないのですが。
試験と関係ないかーとか、自分の勉強で手一杯でして、更新頻度が落ちてました。笑

logという意味も含めて、もちょっと気軽に書けばいいんですけどね。

2018-04-14

青本と黄色本の違いを語る会

どんなや。
昨日ごはんしたメンバーは、私以外、審査の方でして。
なぜか気づくと、周りに審査の方が増えてきました。(そちらに呼ばれてはいない、ハズ

みなさん、当たり前だけど、法規のプロなのでハナシがめちゃくちゃおもしろい。
私ひとり、住宅系は関わったことないので、4号物件の居室と納戸の扱いとか、聞くたびにたいへんそう・・・とにやにやして聞いてます。

すごいどうでもいいけど、盛り上がった話で、私が理解できた内容。

  • 井上出版の青本と黄色本を二冊使い(本編と告示編でなくて、黄色本と予備で青本)。
  • 審査の試験には、黄色本の本編と青本の告示編を持って行く人がいる(らしい)。
  • 縦書きは嫌い(全員一致)。
  • 漢数字は、条文を読むスピードが、二倍か三倍落ちる(全員一致)。
  • 青本のフォントは、黄色本より細くてスラッとしている(から好きと嫌い)。
  • 都内物件は、後退距離の部分だけで、土地の価格が数億になる場合がある。
  • 接道してなくて建築できない土地は、買ったものが馬鹿を見る。(不動産の重要事項説明ちゃんと聞いてなかったに違いない)
  • 法令を知らないとどこに損が落ちてるかわからない(から怖い)
  • 静岡の地震係数は1.2だけど、静岡駅周辺歩いてても、あまり柱の太さを感じないのはなぜか。
  • 建築は測量しない。(そんなことはないけど)
  • 測量点と三斜の資料両方出されても困る。(合計が絶対に合わないため)
  • 都計法の資料は住所と面積しか見ない。質問はこっちにしないで。笑
  • 消防の人は基準法がわからない?逆も然り。(全員一致)


他に、申請時に疑問に思ってた「基準法に書いていない規定」なんかも教えてもらえて、疑問解決。

妙に盛り上がりました。
だからなんだっつー
めっちゃ楽しかったっす。

2018-04-09

plasticityとニホンゴのプラスティシティー

つい最近、ついったーで「プラスティシティー」ってなんぞや、的なやりとりがあったのですが。

お、と思った内容。
資格OTAママ日記、のこんな記事。(勝手に引用ごめんなさい。。。)
http://momoco05270506.hatenablog.com/entry/2018/04/04/231235

タイムリーだったので、久しぶりに、ニホンゴエイゴの勉強。

2018-03-15

天空率のはなしと違和感

実務のはなしです。

いや、前職で天空率の申請書類作った時の話。
「ソフトの使い方も誰も知らないから、一から全部自分で調べてやって」「(私がハケンなので)審査機関への質問NG」という状況でゼロから書類作成をしたので。
「天空率=嫌な思い出」というくらい、意味不明な条文だと思ってたんですが。

先日、一級建築士仲間と三人で顔突き合わせて、天空率の勉強会しました。

2018-03-04

さすが構造っこだよね

https://northtea.xyz/2018/03/03/060/

みなさん、この記事読まれて、どうです?
目の付け所が、やっぱり構造の人は違いますね。
こうゆうの、全く思いつかず、ひたすら暗記を決め込んだため…
ワタクシ、一番最初に忘れたであろう木造の強度。

日本人のくせに、木造…
(む、むり…と言うなコラッ状態ですが)

2018-02-12

杭頭の固定度のはなし。

つーか、横で見ててほんとおもしろい(ごめんなさい

http://arasaakenchikushi.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

からの

https://sato4f-jottings.blogspot.jp/2014/05/blog-post_14.html

走れアラサー女史の隠れファンなのですが。
satoセンセーもそうみたいで、ふふふ。

2018-01-28

H30年の青本きました

すでに何冊目ですかね。笑

2018-01-08

比を表す言い回しエトセトラ

日本語がひっかかると、問題文が読めない。
永遠の問題ですけれども。

Shomaさんのブログ読んでいて、既視感・・・
あるあるー

2018-01-04

今の時期だからできる学科と製図をボーダレスに勉強する方法-バリアフリーの例

スミマセン・・・
昨日書いた記事にウラ指導の講習会案内を載せたのですが。
ガッツリ、タイトル間違えました。

今週末の1/7(日)、8(月・祝)にやる講習会は、学科本試験の検証講習会です。
『上手な解き方ワークショップ』と間違えてましたので、記事を訂正するとともにお詫び申し上げますm(_ _)m

日時等は、改めてウラ指導サイトにてご確認ください。


・・・。
さて。
学科の検証講習会目前にしつつ、H29年のものはまだ法規しか解いていなかったので・・・(え。
今日大急ぎで計画を解いてみました。

2018-01-03

平成30年、明けましておめでとうございます!

年末に築地市場で、最後?の買い出しをして。
家から一歩も出ないお正月となりました。(引きこもり

家事の合間、合間に、H29年の製図課題のエスキスと記述まで。
やれやれ。
ペンギンさんのブログや、Twitterのつぶやきから、なんとなく想像はしていたものの。