2018-04-14

青本と黄色本の違いを語る会

どんなや。
昨日ごはんしたメンバーは、私以外、審査の方でして。
なぜか気づくと、周りに審査の方が増えてきました。(そちらに呼ばれてはいない、ハズ

みなさん、当たり前だけど、法規のプロなのでハナシがめちゃくちゃおもしろい。
私ひとり、住宅系は関わったことないので、4号物件の居室と納戸の扱いとか、聞くたびにたいへんそう・・・とにやにやして聞いてます。

すごいどうでもいいけど、盛り上がった話で、私が理解できた内容。

  • 井上出版の青本と黄色本を二冊使い(本編と告示編でなくて、黄色本と予備で青本)。
  • 審査の試験には、黄色本の本編と青本の告示編を持って行く人がいる(らしい)。
  • 縦書きは嫌い(全員一致)。
  • 漢数字は、条文を読むスピードが、二倍か三倍落ちる(全員一致)。
  • 青本のフォントは、黄色本より細くてスラッとしている(から好きと嫌い)。
  • 都内物件は、後退距離の部分だけで、土地の価格が数億になる場合がある。
  • 接道してなくて建築できない土地は、買ったものが馬鹿を見る。(不動産の重要事項説明ちゃんと聞いてなかったに違いない)
  • 法令を知らないとどこに損が落ちてるかわからない(から怖い)
  • 静岡の地震係数は1.2だけど、静岡駅周辺歩いてても、あまり柱の太さを感じないのはなぜか。
  • 建築は測量しない。(そんなことはないけど)
  • 測量点と三斜の資料両方出されても困る。(合計が絶対に合わないため)
  • 都計法の資料は住所と面積しか見ない。質問はこっちにしないで。笑
  • 消防の人は基準法がわからない?逆も然り。(全員一致)


他に、申請時に疑問に思ってた「基準法に書いていない規定」なんかも教えてもらえて、疑問解決。

妙に盛り上がりました。
だからなんだっつー
めっちゃ楽しかったっす。

2 件のコメント:

  1. ご無沙汰してます。
    いやー、めっちゃ面白そう ^^
    でもきっとわかるハナシとわからないハナシがあるな
    f^^;

    返信削除
    返信
    1. ははは、
      woさん、コメントありがとうございます!

      そうそう、私もついてけない話がありましたとも。
      ますます勉強しないとですよね。
      同じケンチクとて範囲が広いんだなーと思いました。笑

      削除