2012-07-07

熱電比

久しぶりに書くので、ためてた内容ですが。

長文なので、暇人の方向けです。はい。





合格物語の会員向け記事に、新しいエネルギーの内容について、いろいろと掲載されていますが。

勉強しました。

このご時世ですしね。

建設業のエネルギー消費、一般家庭のエネルギー消費をいかに減らすか。

まさに「ポッシブル」ミッション。

(ミッションインポッシブル=実現不可能な命令、ではありません。笑)


久しぶりに記事かいて、横道それまくり・・・ははは




さて。
太陽光、太陽熱の利用方法とか、合格物語の会員ページ用の蓄電池の解説とか、いろいろ吸収しつつ。

東京電力から、家庭用電力の値上げのお知らせも入りつつ。

オール電化対応の夜間電力料金割引サービスを、全家庭でも享受できるようにしなさいと、経済産業省からお達しがあったとかないとか・・・

こちら(日経新聞記事)


ん?
と思いまして。

そもそも、オール電化向けの割引?

そんなのあんの?←一般家庭のため、無知すぎ。






去年から、暇にかまけて、自宅での節電実験どころか減電対策、かなり進みまして。

昼間は冷蔵庫しか動いてません。

あ、私のPCも電気くってますが・・・

最近紙ベースでの勉強が多いので、PCもたまにしか立ち上げてないです。





で。

ウラ模試2回目で、すっかり忘れてて思い出した、熱電比

1回目で施工が壊滅的だったので、構造施工に力入れてたら、今度は計画環境が・・・という悲惨な状態ですが。


うーーー
熱電比・・・

なんだっけこれ、って感じでしたが。






あれこれやってて、去年の講習会の資料を発見。


一日の時間帯別発電量という小さなグラフ。

水力、原子力は24時間、ほぼ同じペースで同じ量を発電。

化石燃料(石油、ガスなど)は昼間のピークタイムが高くて、朝夕低い、という風に山なりに発電量があると。



そんなグラフが載ってました。

あ。

明日の講習会で、ありさんから同じ内容で説明があるかもですね。笑





それで、ウラ模試2回目の熱電比の解説の内容と、そのグラフと、オール電化の割引制度が全部つながったと。

理解、遅いす(-_-)。




なるほどねー

夜間電力が安い、という意味が、原発ありきな話なのもよくわかりました。



え?
で、熱電比はなんだ?

ちゅう話ですね。



化石燃料(石油、ガスなど)、原発・・・

なんでもいいんですが。

さぁ電気をつくりましょう!という過程で、電気になりきらなかった分が熱として残るわけです。

燃えた火の、100%全部をエネルギーとして使えたら、人間苦労してない。


そう。
発電過程で、どれだけロスがあるか、ないか


その比率なんですね。




もともとの全体のエネルギー量を100%としたときの比率。

それを発電して、電気として取り出せた分と、熱のまま残っちゃったけど熱のまま別の形(給湯など)で使えるエネルギー量と。


熱電比は、熱のまま使えるエネルギー量÷電気量。




これが、大きいの小さいの、どっちが有利かというと。

分母の、電気として取り出せる量が多い方がいい

すなわち、熱電比が小さい方が効率がよい、という考え方でございます。





コジェネレーションと言う場合は、この残っちゃった熱を、一部給湯に使ってみたりするわけで。

それでも使えなかった熱エネルギーと、燃焼の際に生まれたCO2は、大気に向けて排熱されます。

で、温暖化すると。




だから、昼間は熱電比が高くて、夜間は熱電比が低い。

化石燃料を燃やすと、排熱分も多くなるので熱電比が上がるわけです。高くなる。

水力(と原子力)は、熱電比が低い。



想像するに、水力発電は高低差を利用してるので、ほとんど熱は生まないですかね。

どうなんでしょう?日本の原発は冷却水を大量に海水に頼る方式だそうなので、排熱で海水の温度が7度上がるそうですので・・・。

熱電比は高い、と言うのかもしれません。←そこまで調べてない(-_-)




だから、熱電比の低い時間帯=夜間電力の方が効率がいい、ということですね。

で、オール電化の家だけ、その夜間割引が受けられる状態になってるので、経済産業省が東電に文句言ってると。




へーーーなるほど、そりゃオール電化だけその割引の恩恵受けられるなんて、経済産業省から文句言われちゃうわって感じでした。





ピークカット、ピークシフトの考え方とか、そうゆうことなんですね。

CO2も出さない、「効率のよい」時間帯の電気を使うと。

今までは、原子力発電でそれが成り立ってたと。


がんばれ小水力発電!




ちなみに、この地震で、オール電化の住宅は津波でやられーの、原発で電気たりないーので、ぐだぐだですが。

17年?18年前?の阪神淡路地震の際、インフラ復旧スピードは、電気、水道、ガス、だそうです。



ただいまオール電化住宅は、先の日経新聞の記事によると100万戸超え

この普及スピードの速さも、いろいろ考えられますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿