2015-02-22

建築物移動等円滑化基準と建築物移動等円滑化誘導基準の違い

なんだか、最近ブログのネタ切れ気味。
実務で、既存建物にバリアフリールートを確保する、というミッションがあったので、それについて思い出すことを少し。

以下、合格物語から引用です。
21261
建築物の用途を変更して博物館としようとする場合,当該用途の変更に係る部分の床面積の合計が2,000㎡以上となるものにあっては,不特定かつ多数の者が利用し,又は主として高齢者,障害者等が利用する主たる階段は,原則として,回り階段でないものでなければならない.
22284
「建築物移動等円滑化誘導基準」においては,多数の者が利用する主たる階段は,回り階段以外の階段を設ける空間を確保することが困難であるときは,回り階段とすることができる.



この二つの問題、ちょうど受験して試験会場でバリアフリー新法と格闘しました。

平成18年にバリアフリー法が新法になって、平成21年ごろ確か4選択肢へ。
新法のナカミについてぼちぼち出題され始めたころ。
 ↓
平成21年の頃は、まだ勉強を始めたばかりで、建築基準法すら右も左も!だった。
 ↓
平成22年、回り階段、確か場所がない場合はよかったよね?と思ってまんまと失点しました。笑

バリアフリー法は法規の後半の方なので、ゆっくり問題を読む時間もなく。
建築物移動等円滑化基準と建築物移動等円滑化誘導基準の違いもおぼろげにしかわからず。
あとで、家に帰って答え合わせして、ガッカリしたのをよく覚えています。


てことで。
建築物移動等円滑化基準と、建築物移動等円滑化誘導基準の違いなんですけど。

そもそも、規定されている条文が違います。
法第14条と第法17条。
バリアフリー新法第14条 
特別特定建築物2,000㎡以上の建築をしようとするときは、新築特別特定建築物を、建築物移動等円滑化基準に適合させなければならない。

バリアフリー法第17条
特定建築物の建築等をしようとするときは、主務省令(建築物移動円滑化誘導基準)で定めるところにより特定建築物の建築等及び維持保全の計画を作成し、所管行政庁の認定を申請することができる。
はい。
ゆっくり読めば、よくわかるんですが、何しろカッコ書きが多くて・・・(言い訳)。

法第14条は、完全義務

一方、法第17条は任意、です。
やらなくてもよいけど、やったらいろいろと得点あります。 → 得点の例 バリフリ法第24条の解説


ハナシ戻しまして。
この「誘導」がつく、つかないの違いが、もひとつだったので、その後勉強しました。
あらやだー
こんな簡単なハナシだったのねー
となりました(受験生当時)。とほほ笑


そして、問題文にある「原則として」という意味についてもついでに。
実際に該当箇所を比べてみると。
バリアフリー新法 施行令第12条
六  主たる階段は、回り階段でないこと。ただし、回り階段以外の階段を設ける空間を確保することが困難であるときは、この限りでない。

バリアフリー新法 主務省令第4条
九  主たる階段は、回り階段でないこと。
どっちも、「回り階段でないこと」が書いてあるわけですが。

円滑化基準の方はただし書きがくっついてます。
こうゆう場合は、「原則として、回り階段でないこと」という風に、条文が要約されることが多いですね。

これ、試験ルール?ですかね。
実務でも、この言い回しがラクなので、書類作るときに多用してます。笑


Web講義のバリアフリー新法を今一度読まれると理解が深まるかと。

2 件のコメント:

  1. こんにちは~
    バリアフリー法については、国交省の↓のリーフレットがわかりやすいですよ。
    ご参考に^^
    http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/kensetu.files/hbl/50pamphlet.pdf

    返信削除
    返信
    1. おう!
      みろくさんありがとうございます。

      実はコレ、ギモンは解決してるんですが、思い出し記事です。
      あのころ、間違えたわーみたいな。

      しかも合格物語で検索したら、あれ以来回り階段については出題されてないっていう。
      出題されてもいいように準備したのに。

      国交省のバリフリ資料は穴があくまで…略。
      もっかい見て、またネタに記事書きますかね。
      ありがとうございます!

      削除