2013-11-15

模試は毎回100点超えを狙う

マイド学科受験しつづけている方向け。
特に、5年目超えてる人。

あい。
私も、ブランク込みで学科8年。
あほー


合格した年、一ヶ月に一回くらいの割り合いで、模試を受けてました。
気迫は充分。


模試を受けるにあたって、自分に課してた課題があります。
(前にも記事にしたような・・・気がする。けど、続ける。)


模試で、毎回100点超えを狙う。


必ずや、模試で毎回100点以上を。
今年こそ合格だ、とココロに誓う。

いや、だって、模試で100点超えなかったら、本番はいかに?


カエル師匠の模試活用方法(←必須。読むべし。)、とはちょっと違うのですが。

私の場合は、あえて、資格学校の営業さんにお願いして、過去問中心の模試をやらせてもらってました。

資格学校も、(当時)タダで学科の模試受験させるわけですから、新問を織り交ぜた(?)難しい問題は出さない。
過去問中心のものばかりです。


ポイントは、過去問中心であること。

あえて新問オンパレードでなくてよいです。
新問対策は、ウラ模試2回目だけでよろし。


では。
なぜ、過去問ばかりの簡単な模試を受けるか。
そのココロは・・・

1 自信がつく。

模試で毎回100点以上取り続けてたら、どんな弱気ニンゲンでも自信がつく。私が実証済みなので、間違いない。

2 定期的に、4選択肢の練習

普段は合格物語で1問1答なので、ここぞとばかりに、4選択肢にまぎれる答えを探す。
4選択肢も、たまにやって慣れておかないと。

3 やっぱり取りこぼす問題、が狙い目。

過去問中心だから簡単なはず
なのに、やっぱり取りこぼすやつが狙い目。
しかも125点中100点以上とれていたら、間違えている問題も少ないので模試の見直しが楽。笑

4 全体を俯瞰する。

えぇ。
苦手な科目ばっかりやってると、他がとれない、とか、そうゆうのゴマンとありますよ。

そんなわけで、模試で調整。
まんべんなくとれるかな?と。



ほんと、
難しい模試を受けて、撃沈するのは、ウラ模試2回目だけでよろし。

ウラ模試2回目だけは、80点程度でよろし。
それ以外の簡単模試は、100点超えすべし。



負け続けてる人は、模試で勝負強くなるべし、です。
これがいけたら、当日も100点超えられます。


・・・。

私は、それでも100点ジャストでした。
ほほほ。
どんだけプレッシャーに弱いつーの・・・苦笑


年内、どこまで苦手問題がつぶせるか?です。
年明けたら、年度末のごたごたに巻き込まれて、あっと言う間に試験当日ですからね。

がんばってくださいー!


PS
過去の記事振り返ったら、6月7月で、90点台が結構ありましたね・・・
ウラ模試1回目ですら、100点超えてませんでした。ほほほ。苦笑

4 件のコメント:

  1. TOTOです。
    今回のブログ記事も自分自身にとって、再確認できる
    記事ですね。
    改めて、100点に目標を定めて強い意志の元、突っ走ります。

    返信削除
    返信
    1. TOTOさん、気合い入れてがんばってくださいね!

      削除
  2. Padさ~ん、Rossaです、ごぶさたです。^^
    これです、これ!
    模試を受ける心構えとし「点数にこだわる!」ですね。
    わたし、最後の追い込み時期もこの「点数にこだわる」が落ちてて、結局本番で点数につなげられてなかったってのがありまして・・・^^;;;。
    常に100越を意識してがんばります!!

    来年は絶対合格してやるぅ~!^^



    返信削除
    返信
    1. Rossaさん!
      お疲れさまです!
      ナニが起きても絶対合格、って勢い、忘れないでくださいね!

      体調管理もしっかりですよ~
      これから寒くなるので、あったかくしてがんばってくださいね!

      削除